多くの水素で健康に|レスベラトロールがお勧めの理由|憧れの美肌が我が物に

レスベラトロールがお勧めの理由|憧れの美肌が我が物に

多くの水素で健康に

ウォーター

水素の量が多い

高濃度水素水とは、普通の水素水と比べ、水に溶け込んでいる水素の量が多い水素水のことです。そして、水素水は水に含まれている水素が多いほどよいとされています。高濃度水素水には、老化の原因となっている活性酸素を少なくしてくれるという特徴があります。水素を体内に摂取すると、活性酸素と作用して活性酸素が水になり、自動的に体の外に出るようになっています。このとき、水素の量が多ければ多いほどよいので、高濃度水素水は注目されています。また、高濃度水素水には、多くの水素が含まれているので、水素が水から抜け切るまでの時間が長くなっています。普通の水素水では、容器を開封したらできるだけ早く飲み切る必要がありました。しかし、高濃度水素水なら、余裕を持って水素水を飲むことができます。

多すぎる水素の量に注意

高濃度水素水を選ぶ際には、水の中の水素の量に注意が必要です。では、水素水に溶け込んでいる水素の量はどうすればわかるのでしょうか。水に溶けている水素の量を1ppmや2ppmなど「ppm」を使って表します。普通の水素水では、この数値は1.0ppm前後となっており、高濃度水素水では、数値が約1.6ppmとなっています。市販の高濃度水素水では、この数値が7ppmであったり、多いものでは20000ppmという量が含まれているとしているものもあります。しかし、水素水は容器の開封時に、水に含まれている多くの水素が空気中に出てしまいます。なので、表記上では、高い数値になっていても、飲むときには水素の量が減っているということに注意が必要です。